ぐだっとブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > ST Nucleo F334R8を買ったので少しだけ触った。

presented by 幼女聖教

| ホーム | Web | 掲示板 | リンクについて |

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ
  • Edit
  • --:--
  • Top

2014.11.05 Wed ST Nucleo F334R8を買ったので少しだけ触った。

ST Nucleo F334R8を買ったので少しだけ触った。
他にもSTM32F4-Discoveryも買ったけどそっちはプログラム教えてもらわないとさっぱりなのでまだ開封すらしてない。

やったことはPWM出力の確認。ADC入力の確認(PWM出力)。
詳しくは『続きを読む』で。
まずは画像をずらっと。
ADS00001.png
ADS00003.png
ADS00004.png
ADS00006.png
ADS00007.png
ADS00008.png
ADS00009.png
ADS00010.png

mbedのサイトのF334のページには「Fast 144 MHz motor control timers, timing resolution better 7 ns」と書いてあるが、mbedのPwmOut機能は1MHzの信号を作りそれを用いてPWMしている為、1usステップでしか操作できない。つまり、144MHzのタイマーとやらは使われない。
72MHzのマイコンに積まれた144MHzのタイマーというのが非常に気になるが、まだ使い方がわからない……。

ADCは速度の測定はしていないがPWM出力が荒ぶっていたので十分に速いのだと思う。因みに、周期は10usつまり100kHzで実験した。
スポンサーサイト
    人気ブログランキングへ
  • Edit
  • 22:57
  • Trackback : 0
  • Comments : 0
  • Top

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。